家庭を持つ

「親の結婚像を見てるからということもあるんだろうけど、私は結婚というのはきちんとした家庭を持つということだという頭があって……。夫が働いて妻が家事をしてでも、
その逆でもいいんだけど、家のことは家のことできちんとすべきだと思うんですよ。今度は親もいっしょで大人数だし、私はずっと働いていたので家事の経験が浅いから、
料理のレパートリーも少ないしと思って、結婚までのあいた時間に料理を勉強したり、遅ればせながら花嫁修業をしたりもしましたね」ところが、そんな努力も藻屑のように消えてしまうことになった。そのうち彼は仕事をしなくなり、借金を重ねて女を作り、滝本さんの貯金を使い果たすだけでなく、滝本さん名義でお金まで借りるという始末だった。「あとで思えばバカな話なんですが、家を買った時点から、すべて借金だったってことがわかったんですよ。彼はどこかにいなくなっちゃうし、それでも家のローンから何から、毎月払わなきゃならないし、悲惨でしたよ」滝本さんは、ご主人が働かなくなってから、エステ時代の知り合いを通じて化粧品のセールスの仕事をするようになっていた。けれど、借金はそれで払い切れるような金額ではなかったのだ。おまけに、ご主人は、お金がないのにもかかわらず、女と旅行に出かけたのがわかった。「そこでビチッと切れましたね。バカと言われるかもしれないけど、私は人を信じたい気持ちが強いから、最初は相手の言うことをそのまま信じるんです。

あなたも頑張ってパートナーを見つけましょう。

参考:
FF162_L